アガサ次郎の推理日記

推理小説好き(初心者)です。主に読んだ本の感想を書き込んでいきます。

『二人で探偵を』 / アガサ・クリスティ

 

更新をサボり過ぎて読了した順番がよく分からなくなってきました。

なので、とりあえず最後に読了した作品の感想から。

 

早川書房から出ているクリスティ文庫では『おしどり探偵』をタイトルで出版されていたため、こちらの『二人で探偵を』というタイトルは未読の私にも馴染みがなかったのですが、創元推理文庫は元々こちらのタイトルで出版していたそうですね。

なので、中には『二人で探偵を』というタイトルの方が親しみがあるという方も多いみたいですね。

 

そして、読み始めるまで短編集だということも知らなかった本作です。

自分はクリスティ作品が大好きですが、<トミーとタペンス シリーズ>は昨年刊行された新訳版『秘密組織』まで読んだ事がありませんでした。

 

wakuwaku-mystery.hatenablog.com

その新訳版『秘密組織』の巻末で、「次作も新訳版で刊行する予定です」と書いてあったので、出版されるのを待っておりました。

ということで発売早々購入してすぐに読みました。

 

と言っても感想が書きにくい作品ですね。

一つ思ったのは、探偵小説の楽しみ方の原点みたいな作品だなということです。

ずば抜けた面白さは無かったんですが、古き良き探偵小説と言った感じで、中学生の時にホームズシリーズを読んでいた時と同じような感覚になりました。

 

前作もそうですが、トミーとタペンスがとにかく良いコンビで、まさに阿吽の呼吸で様々なピンチを脱するハラハラした展開もあれば、それぞれの鋭い所が発揮されて爽快感がある話もあり、また二人の失敗談もあります。

そして、実は最後の話にちょっと感動してしまったり。

 

読み終わってみると、自分は『二人で探偵を』というタイトルの方がピッタリだなと思いました。

二人にとっては一時の夢物語のような話で、その終わりも二人らしい素敵な展開だったと思います。

探偵小説に登場する様々な探偵になりきろうとするトミーですが、自分が知らない探偵も多く、改めて参考になりました。

一方、推理小説に読み慣れた方にはミステリーとしては弱い作品かもしれませんが、是非原点回帰されたい方には推したいと思える作品でした。

 

 

ところで、今回は次作の案内が無かったのですが。

是非次作も創元推理文庫から新訳版を出してくれると嬉しいです。

 

 

 

 

『二人で探偵を』

★★★☆☆  /  (3点)

『愚行録』 / 貫井徳郎

 

こちらも読了してか一か月くらい経ってしまいました。

書店で『慟哭』と一緒に期間限定のプレミアムカバーで平積みされていたのが目に留まりました。

 

本作を知ったのは実は映画が先になります。

と言っても、自分は映画の方を観ておりません。

以前、M-ON!Pressで連載していた「みんなの映画部」という企画がありまして、それを読んだのを覚えていました。

 

ただ、その連載の中で語られていた感想とは大分乖離した内容という印象でした。

作品の構成としては以前紹介した恩田陸の『ユージニア』とも似ていますね。

どちらが先かよく知りませんが。

とある一家殺人事件を様々な人たちの視点から語ってもらいながら進行していく作品です。

 

『ユージニア』は様々な人たちが語る内容の一体どこに真相が?という感覚で読んでいましたが、本作はそれとは異なります。

『ユージニア』と異なり最終的に一家殺人事件のあらましは大体判明することになる訳ですが、『愚行録』の登場人物たちが語る内容は殺人事件の事とは殆どが関係ない事ばかりで、殺された被害者夫婦が一体どういう人たちだったのか?ということが様々な被害者夫婦の関係者の視点から徐々に分かってくることになります。

実はその関係者の中に重要な人物が紛れていたりもするのですが、「まさか!」という衝撃はありつつも、何故かその人物の事は印象に残っていました。

これは貫井徳郎がそう印象付けるために描いたのか、それとも単に自分の中で何かが引っ掛かっただけなのか、それはよく分かりません。

 

そして恐らく本作で大事になるのは一家殺人事件の真相ではなく、一方的に語られる被害者家族と被害者について語る関係者、そしてそこで浮かび上がってくる両者の人間性なんだと思います。

面白かったのは男と女で語る内容が微妙にズレていることでした。

それと、そんな様々な人間たちの人間性が浮かび上がってくる本作のタイトルが「愚行録」だということ。

 

ある意味、読後に自分の中に残るものは何ひとつ無いのかも知れません。

でも、それがこの作品の真骨頂と言えるかも知れませんね。

映画版はどんな物なんでしょう。

あまり観る気にはなれないな。

 

余談ですが、作者はてっきり慶応卒かと思ったら早稲田卒なんですね。

 

 

 

『愚行録』

★★★☆☆  /  (3点)

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 / 東野圭吾

 

推理小説ではありません。

でもミステリーとして紹介されているときもあるのよね・・・。

 

それはさておき、本作は昨年末に読んだ作品です。

2023年を締めくくるのに、最後は心温まるような作品が良いと思って本作を選びました。

 

この作品に関しては先に映画を観ておりました。

 

こちらの映画が自分は好きで、何回か鑑賞しているのですが、原作は読んだことがありませんでした。

原作を読んでみると、映画と骨組みは同じなんですが肉付けが異なっていました。

現在と過去、あるいは過去からすれば現在と未来がお悩み相談を通じて繋がるというお話ですが、大まかに言えば幾つかのお悩み相談が映画版だとアレンジされています。

ただ

そのアレンジ自体は原作の良さを損なうものではなく、繋がりも良かったと個人的には思っています。

映画版は西田敏行さんの演技は言わずもながら、他のキャストの演技もなかなか良かったです。

アイドルが俳優、というだけで偏見を持ってはいけませんね。

ということで原作と映画を比較してみると尚更面白いかも知れません。

映画版の着地も好きでしたが、原作はもっと良かったです。

映画版はハートフルな終わり方になっていますが、原作はそうとは言い切れません。

でも、ナミヤさんのお悩みに対する回答が素晴らしいものになっていて、作品が輪になって閉じる感じがあって素晴らしいと思いました。

 

あと原作の方に関して言えば、一見感動的な締め方になっていても、自分はかなり懐疑的になってしまう話もありました。

これは東野圭吾が狙ってそうしているのか、自分が勝手にそう感じただけなのか気になるところです。

 

本作で2023年を締めることが出来て良かったです。

良い作品でした。

でもこれ、もう一か月以上も前に読んだ作品なんだよね。

時間の流れが速いなぁ。

 

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

★★★★☆ /  (4点)

『ボーン・コレクター』 / ジェフリー・ディーヴァー

 

 

 

読了してから一か月以上経過してしまいましたので、もう「読んだという記録」を残すためだけの記事になってしまいそうです。

なのでいつも薄っぺらい感想も、今回は輪をかけて薄っぺらいものになると思いますがご容赦ください。

 

 

さて、まずはこちらを・・・。

 

wakuwaku-mystery.hatenablog.com

 

自分が2023年中に読んだ作品の中で断トツで一番面白かったのが『クリスマス・プレゼント』でした。

この作品を読んだのは一年程前になりますが、その時から<リンカーン・ライム シリーズ>は読まなくてはと思っていました。

ちなみに『クリスマス・プレゼント』にもリンカーン・ライム達が登場する話が1話だけ挿入されています。

 

さて、『ボーン・コレクター』です。

99年に映画化もされている本作ですが、自分は作品名は知っていたものの作品自体は観た事がありません。

いずれ観たい気はするのですが、映画の評判はどうなのか気になるところです。

 

ということで中身は全く知らない状態でしたが、『クリスマス・プレゼント』でライム達の様子を読んでいたため、ライムとアメリアの邂逅は結構驚きでした。

こういう感じで、しかもこういう関係だったんですね。

「思考機械」の異名を持つドゥーゼン教授と被るところもあるリンカーン・ライムですが、ライムも負けず劣らずの「思考機械」ぶりを発揮します。

事件自体が「ライムのために起きた事件」と言っても過言ではないほどの、犯人vs安楽椅子探偵という図式で、「これライムじゃなきゃ気づかないで終わってるだろ・・・」と思うことの連続です。

ライムは首、頭部、左手の薬指以外は動かせない身体なので、現場百篇で培ったライムのノウハウを実際に演じるのがアメリアになります。

が、最初の現場がいきなりハードさで、アメリアは拒絶反応を見せます。

自分は『クリスマス・プレゼント』を先に読んでいたので勝手に思い込んでいましたが、正義感だけではどうにもならないことが当然立ちはだかる訳ですね。

この場面はライムの言い分も分かるし、アメリアの気持ちも分かるしで、でも読者としてはライム寄りの気持ちで読んでいました。

 

結局最初の現場はライムの言う通りに現場検証を行うアメリアですが・・・。

ボーン・コレクター』自体は科学・化学・物理学・生物学等、とにかく理系の知識と少しの文系の知識がふんだんに盛り込まれた作品で、自分みたいな理系の知識が乏しい人間にはさっぱり分からないことばかりです。

なんですが、そういった細かい理屈で成り立った事件の上に、しっかりと人間ドラマが乗っかってくるのが面白いところです。

理屈では説明しきれない人間同士のぶつかり合いが物語を最後まで盛り立てている気がします。

それは犯人の不気味さも含めてです。

警察という組織ならではの人間ドラマも描かれています。

上巻で一旦区切ろうと思ったら、上巻がメチャクチャ良い所で終わるので間髪入れず下巻に入ってしまいました。

 

<生と死><正義と悪><動と静>

こういった対比の中で行ったり来たりで揺らいでいる状態を上手に描いた作品だったな、という印象です。

そして、答えが出きらないというところに本作のリアリティを感じました。

これは次作以降も期待して読みたくなります。

 

色んな意味で面白い作品でした。

 

 

 

ボーン・コレクター

★★★★☆  /  (4点)

ドラマ『不死蝶』(金田一耕助シリーズ)(1978年版・1988年版)

 

※こちらは1978年版になります。

 

昨年末に『吸血蛾』の記事に「金田一耕助シリーズの映像版でも観てみようかしら」と書いたところ、はぐれ (id:haguture)さんからコメントでオススメを教えて頂きました。

そのコメントを元に市川崑監督作品の『犬神家の一族』と、それから記憶を手繰り寄せたいと思っていた事から『不死蝶』の映画版及びドラマ版を鑑賞しました。

犬神家の一族』の話はまた次に記事にするつもりです。

今回は『不死蝶』の1978年ドラマ版と1988年ドラマ版について書いていきます。

 

ちなみに自分はU-NEXTで鑑賞しましたが、今確認したら1988年版の方は視聴できなくなってますね。

アマゾンでも88年版は見当たらず、どこで観れるのか自分も分かりません!

自分はタイミングが良かったのかも。

 

さて、そもそも自分が最初に観たのは88年版の方でした。

88年版で初めてちゃんと金田一耕助の映像作品を観て、普通に面白かったので色々調べていたら78年版が見つかり・・・。

しかも、78年版も88年版も古谷一行が主演を務めており、「こういう事もあるんだ!」と結構驚きでした。

古谷一行主演という事は共通していますが、その他の出演者や脚本・演出は異なっております。

当たり前ですが・・・。

 

ということで、ここは自分が観た順に88年版の方から。

先にも述べましたが、この88年版が結構面白かったんですよね。

原作から削られているシーンはありましたが、さほど気にもならず、演出も結構好きでした。

昭和ならではの恋愛事情などは、原作よりも分かり易くて感情移入しやすかったです。

ただこれ、映像版だとトリックに気が付きやすいような気はします。

それは78年版も同じですが。

ただそんな細かい点を除けば、これは今観ても十分面白いと感じました。

踊る金田一・・・なんて原作にはありましたっけ?

そういう原作にはない(と思う・・・)金田一自身の恋愛事情も新鮮で良かったですね。

 

対して78年です。

こちらの方が原作に忠実に作られていたと思います。

あと竹下景子が本当に美人。

平成初期くらいまではテレビに出てる若手女優さんって大人びた人が多かったような気がしますが、最近はそうでもない気がします。

という個人のどうでもいい見解は置いておいて、88年版は2時間と少しのスペシャルドラマだったのに対し、78年版は全3話の構成となっています。

その分もあって、原作より忠実な部分もあればオリジナルな演出が施されている部分もあります。

それで正直に言ってしまいますと、自分は78年版はあまり好きではありませんでした。

というか立て続けに観たせいで飽きてしまったというのが本音です。

それを抜きにしても、演出が88年版の方が好きでした。

88年版の方が尺も短いので展開も早く、飽きずに観られたという事もあったかも知れません。

ただ繰り返しますが、より原作を再現してるのは78年版の方だと思います。

78年版・88年版を観て改めて思った事ですが、こんな事言ったら元も子も無いですが昭和が舞台の作品はやっぱり昭和の時代に撮影したものの方がより味が出ていて良い気がします。

令和の時代に「金田一耕助、再びドラマ化」とか言われてもしっくり来ないんですよね・・・まぁ観てないんですけどね。

ただ単に自分が昭和好きなだけかも知れませんが。

 

 

 

ということで、初めての映像版:金田一耕助の話でした。

今後も原作も読みつつ、映像版も観て記事に出来ればと思います。

まずは既に鑑賞済みの映画版『犬神家の一族』の記事を次は書きたいと思います。

 

 

余談ですけど、映画版の『八つ墓村』が現在無料公開されております。


www.youtube.com

渥美清主演の金田一耕助のようですね。(麦わら帽子なんだ)

自分は渥美清の出演作品って寅さんしか観た事ないんですよね。

そのかわり寅さんは殆ど観てると思います。

無料公開期間中にこちらの『八つ墓村』も観てみようかしら。

 

映画『ある閉ざされた雪の山荘で』


www.youtube.com

 

書くネタはあるのですが、更新停滞気味です。

ちょっとバタバタしているのもありますが、色々あってなかなか起こす気になりませんでした。

その内また読んだ本のネタも書きます。

 

ということで気分転換に新年最初に観た映画のネタを・・・。

イオンシネマの無料鑑賞券の期日が迫っていたので、『ゴールデンカムイ』と迷いましたが、こちらの方が先に上映終了するだろうと思い、こっちにしました。

 

原作は3年前くらいに読みました。

正直自分はトリックが半ば分かってしまった事もあり、あまり好きな作品ではありませんでした。

そんな感想もありつつ、予告編を観ても全く期待出来ないというのが個人的な所感でした。

でもまぁ折角読んだ本が映画化するってことだし、気にはなるよなー・・・ということで観てきました。

 

期待値が低かったからなのか、思っていたより良かったです。

原作の内容も忘れつつありますが、割と忠実だったような。

個人的に期待値が低かったのは、自分の勝手なイメージが出演者と合わないということだったのですが、観始めたら気になりませんでした。

むしろ一人を除いて、良かったくらい(その一人が誰かは伏せておきます)。

原作だと見抜けたトリックも、映画が初見だったらきっと気づかなかったと思います。

原作でどうだったか覚えていませんが、探偵役が凄すぎる。

 

ただ期待していたよりは良かったというだけで、面白かったかどうかで言うとかなり微妙です。

先にも述べましたが、元々原作も好きでは無かったので、相当脚本が改変されていない限り絶賛は無いだろうと思っていましたが、思いのほか忠実でした。

ただサスペンス感は原作の断然感じたかな。

この辺りの改変問題は昨今よく取り上げられていますが、一読者側からすれば原作に忠実にあって欲しい気持ちと、映像化は別物でしょという気持ちの両方が自分は分かる気がします。

その上で、やっぱり好きな原作が大きく改変されていたら至極残念だろうなという考えに至りますね。

自分が思う小説の楽しみ方はやはり自分の想像力で好きなように世界を創造出来るということが大きいので、その世界を破壊されるような、それも嫌な方向にということになれば、それは発狂しかねないだろうなと。

そういう意味では、『ある閉ざされた雪の山荘で』は人物造形はもはや覚えていませんが、ストーリーの構成は原作に忠実だったような。

でもそれを裏切って欲しい自分的には、元々低かった期待値は超えたけど、でもまぁこんなもんだよね、くらいの感想になってしまいます。

あと原作者と読者だと立場も考え方も違いますし、読者側は好き勝手言えるというのは理解しております。

それにしても納得いかない改変があるのも事実ですからね。

 

 

 

という話も中身も行ったり来たりの矛盾も含んだような感想になってしまいましたが、まぁ観て損はしなかったかなと。

でも、もう二度と観ないだろうな。

そんな感じです。

個人的には『仮面山荘殺人事件』の映像化は是非観てみたい気がする。

ただし、こちらの方が演技力や脚本もそれなりのものが求められる気がしますが・・・。

 

ちなみに映画を観てて一番テンションが上がったのは、見慣れた赤い背表紙のクリスティ作品が出てくる場面。

あの赤い背表紙を見ると、反射的に反応してしまいますね。

 

 

 

『ユージニア』 / 恩田陸

 

またもや読了順とは異なりますが、記憶が鮮明のうちにこちらの作品を。

書店で平積みされているのが目に留まって買った一冊です。

恩田陸のミステリー作品を読むのは初めてだと思います。

子供の頃放映していた少年ドラマシリーズ六番目の小夜子』は大好きでしたけどね。

 

 

巻末にはっきり書かれていますが、舞台は金沢です。

作中ではK市と表記されていますが。

自分がこの作品を買ったのは昨年末頃でしたので、その時にはまさかこんな事が起こるなんて予想だにしておりませんでした・・・。

 

さて、本作はK市で起こった第2の帝銀事件とも呼ばれる一家大量毒殺事件を軸に話が進んで行きます。

インタビュー形式で会話が進んで行き、インタビュアーが誰なのかははっきりと分かりませんが、各章の語り部はインタビューを受けている毒殺事件に関連した人物たちです。

偶然ですが、今読んでいる本も同じような造りで驚きました。

様々な人たちの独白から次第に内容が浮き彫りになってくる感じは東野圭吾白夜行』にも似通っているように思います。

そして、何が事実で何が虚構なのか・・・そして何が真実なのかがはっきりしないので、読み手側の想像力を搔き立てられる感じも『白夜行』に似ている気がします。

 

作中で毒殺事件の事をインタビューし一冊の本にした満喜子という人物が出てきます。

その満喜子が終盤で「正しい鑑賞者になりたかった」というような事を述べます。

その満喜子の願望が自分にはよく分かる気がします。

しかしながら、皮肉なことに本作の中で起きた大量毒殺事件を起点とした様々な出来事を正しく鑑賞することは最早不可能なように思われます。

本作を正しく鑑賞しようとすればするほど迷路のような精神世界に取り込まれる様な感覚になります。

そういう意味では、本作は夢野久作ドグラ・マグラ』にも通ずるものがある気がしています。

 

色々と解説を読んでも、絶対に辻褄が合わない事実が出てくる。

回収されない疑問が残る。

そして自分が各人物を正しく鑑賞出来ているのか分からなくなってくる。

ついに堂々巡りです。

 

想像は掻き立てられますが、『白夜行』ほど自分の中で深く刺さるものはありませんでした。

でも、想像を掻き立てられるという事自体が楽しい読書体験でありました。

特に「一体真犯人は誰なのか?」という問いの辿り着く先を想像する事が。

そういう意味では、最終章の印象が特に色濃く残る作品でした。

 

 

 

『ユージニア』

★★★★☆  /  (4点)